キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 中古バイクを売却する時 : バイクお助けマン

中古バイクを売却する時

バイクお助けマン

バイクお助けマンmainイメージ

バイクを買取るお店は複数あるものの、お店によって会社によって買取価格に差が出る理由はなぜだろう

中古バイクを売却する時

バイクの販売を行うお店といえば、小売店が真っ先に思い浮かばれるでしょう。

こうした小売店に自分が乗らなくなったバイクを持ち込んでも、なかなか思うような価格で買取りしてもらえないということがあります。

小売店は在庫のバイクが多ければ、それ以上の買取りがしにくいし、店頭での販売以外に販路を持っていなければ、常に在庫リスクと隣り合わせです。

でも、同じ小売店で乗り換えるバイクを購入する予定にしていれば、その分は割引をしてもらうことになるので、お得感があることも考えられます。

<p地域密着型の小さいお店は、顔の見えるお付き合いはできるものの、そのエリアの相場に大きく左右されるため、買取り価格も全国規模のお店と比較すると、安価になってしまうこともあります。

大規模店のメリットは、全国のどのお店でも相場情報は同じものに基づいているため、地域差が出にくい点でしょう。

中古バイクの買取り専門店は、お店でバイクを小売するわけではないので、在庫リスクは少なく、販路をたくさん持っているところは、人気のあるバイクに関しては高額買い取りになります。

在庫を長期間保持するリスクはなく、在庫管理にかかるコストなどもほぼありませんから、その分が買取価格に反映されます。

仕入れたバイクを一度整備してから、小売りにしたり、業者オークションにかけたり、業者間取引にしたりします。

バイク買取り専門店同士で売買を行うこともあります。

◆関連ページ⇒[http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=1554

Copyright (C) バイクお助けマン(www.paena.org) All Rights Reserved.