キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 カスタムバイクを売却する : バイクお助けマン

カスタムバイクを売却する

バイクお助けマン

バイクお助けマンmainイメージ

純正パーツのあるカスタムバイクは高額査定につながるもの、取り外したパーツもきれいに保管しておこう

カスタムバイクを売却する

カスタムバイクではさまざまなパーツの中から自分の好みのものを組み合わせていきます。

バランス感のあるセンスの良いカスタムバイクは、バイク好きとしてはスルーできないものがありますよね。

パーツは外装パーツ、ハンドル、マフラー、ブレーキやサスペンションから、ステップやスタンドに至るまで、ありとあらゆるパーツがあります。

デイトナ、キタコ、キジマといったパーツメーカーの人気アイテムを組み合わせて、オリジナルなカスタムバイクを作る人、純正部品を探してパーツ屋さんを訪れる人、さまざまです。

カスタムバイクを売却する際には、元々の純正パーツとセットで査定に出すと良いとよくいわれます。

カスタムバイクに関しては、良さを認めてもらえて高額査定になることも皆無ではありませんが、買取店としては売却の際に純正でもカスタムでもどちらでも売れるという状態にあったほうが、当然売買はしやすいわけです。

カスタムバイクにするために純正パーツを取り外したら、そのパーツはきれいに保管しておくことが大切です。

パーツだけで売却するという方法もありますが、バイク本体につけて査定してもらった方が高額売却が期待できます。

少しでも高くバイクを売却したいという場合には、カスタムのパーツと純正のパーツの両方を準備して査定依頼をしましょう。

純正パーツなしのカスタムバイクは流通ルートが限られてしまうこともあり、市場価値が下がってしまいがちなので注意が必要です。

Copyright (C) バイクお助けマン(www.paena.org) All Rights Reserved.